TEdeKAKUは、
人工知能の画像認識による手書き文字の
デジタル化要素技術紹介のために開発した
手書き伝票のデジタル化を行なうアプリケーションです。

rate
学習データによる評価の平均値となり、実際の伝票では条件によって認識率は異なります。尚、無償版でのAI OCRエンジンは、スマートフォンのカメラ性能に依存するため、認識率が大きく下回る場合があります。従って、記載の認識率を保証するものではありません。

特徴

TEdeKAKUは撮影した手書き伝票から伝票種別及び伝票内に 記載された情報を自動的に認識し、AI OCRを基礎とした ディープCNN/OCRの結果をデジタルデータとしてテキスト化 します。 また、解析した結果を利用者が補正することにより自己学習を 行ない、正しい解析結果を導き出す機能も備えています。

rate
※ 認識率98%は学習データによる評価の平均値となり、実際の伝票では条件によって認
  識率は異なります。
  尚、無償版でのAI OCRエンジンは、スマートフォンのカメラ性能に依存するため、
  認識率が大きく下回る場合があります。従って、記載の認識率を保証するものでは
  ありません。

人工知能の画像認識による手書き文字のデジタル化要素技術は、金融機関様の各種手書き帳票や保険会社様の申込書などへの応用を目的としています。
当要素技術を業務プロセスに組み入れることでRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の要素技術としてご活用いただくことが可能です。

機能
金融・保険機関の​各種申込書の管理 顧客の声やアンケートの集計を行う​販売窓口業務​ 教育現場におけるテスト答案や連絡帳管理 生産工場における​生産実績管理票​
1.

伝票種別の自動検出

伝票の色やフォーマットから配送会社及び配送伝票の種別を識別

手順
2.

伝票画像の自動整列及び情報の位置検出

画像を真正面撮影の状態に補正し、各種情報の記載位置を自動検出

手順
3.

手書き文字認識とデータベースへの登録

AI OCRを基礎としたディープCNN/OCRの結果をテキスト化(離散最適化問題を解く欲張りアルゴリズムを活用する多次元検索)

手順
4.

RNNベースのスペルチェッカーによる住所補正

文書構造から誤認識と判断した文字を自動補正

手順

人工知能の画像認識による手書き文字のデジタル化要素技術「TEdeKAKU」Promotion

TEdeKAKUは、無料でお使いいただける
人工知能を活用した
手書き伝票解析の
デジタルソリューションです。
フリーモデルのため、以下の機能制限が
ありますことを予めご了承ください。

解析速度に制限を設けています。

解析回数は制限なくご利用いただけますが、一つの伝票を解析するのに通信速度の影響以外に解析に時間を要する場合がございます。解析速度の向上をご希望される場合には別途ご連絡ください。

手書き文字の学習データによる解析精度に制限を設けています。

現在の手書き文字の学習データ量に関して、フリーモデルでは制限を設けています。
従って、別途記載している伝票の撮影条件下であれば95%程度の解析精度ですが、 それ以外の場合は精度が低下する場合がございます。
より高い解析精度をご希望される場合には別途ご連絡ください。

宅配伝票の種別に制限を設けています。

フリーモデルでは、別途指定する伝票以外は人口知能での学習を行っておりません。
したがって、指定以外の伝票での解析は解析精度が著しく低下します。 指定以外の伝票で解析されたい場合には別途ご連絡ください。

その他、一般的なスキャナーでの解析の場合、さらに解析精度が向上します。
別途ご相談いただければ、要素技術として人工知能の手書き文字認識ソリューションをご提供いたします。

ダウンロード

iPhone:iOS12以上、iPhone 8、iPhone8 Plus、iPhone X

Android:Android OS 7.0以上、2016年以降に発売された Xperiaシリーズ、
GalaxySシリーズ

ご利用時には、操作概要書にて、対象伝票及び対象端末等をご確認の上、ご利用ください。

TEdeKAKU
について
もっと知りたい方こちら!